結婚式までの準備、結納について、結婚事情についてなど

結婚情報なび

結婚式,結納,結婚事情


指輪は永遠をあらわす

婚約指輪と結婚指輪。
女性にとっては、男性からの愛のあかしとして、
一生大切にしたい宝物です。

一般的に、
結婚指輪のデザインは継ぎ目がありません。
これは、ずっと永遠につながっていることを意味しています。

古来より、指輪は、
約束とか契約という意味合いを持っていました。

それがいつしか、婚約指輪・結婚指輪を
男性から女性に贈るという慣習が生まれました。

ダイヤモンドが婚約指輪の主流となっていますが、
宝石として固いことから、
夫婦の絆の強さ・固さの象徴とされています。

そして、無色透明でキラキラと輝く
ダイヤとプラチナが埋め込まれているのは、
傷つきにくく純粋・純潔を守るという意味がこめられています。

宝石は、魔よけの意味があります。
結婚指輪は、左手の薬指にはめるのは、
心臓にもっともつながっているのが
左手の薬指ということにも由来しているようです。

UP▲

~結婚情報なびへ

Copy right(C)
結婚情報なび
All Rights Reserved.